読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約和モダン婚を目指す花嫁のブログ

結婚式準備中です。 実際にやった節約術や「いいな」と思ったアイデアをまとめます。 自分の備忘録も兼ねてます。 ほかのプレ花嫁さんの参考になれば。

椎名林檎を披露宴で使いたい! その1

椎名林檎・東京事変

この記事は椎名林檎および東京事変ファンの私が、披露宴で林檎ちゃんの歌声を響かせるべく「ウェディングにどうか?」という視点で椎名林檎東京事変の楽曲をレビューしてゆくシリーズです。だいたいリリース順。

需要皆無は承知の上。

ではではいってみましょう。

 

「幸福論」

フレッシュなデビュー曲。

歌詞も雰囲気も素晴らしく、個人的に、プロフィールムービーの作成を検討し始めた当初から「BGMはこれしかない!」と思っているのですが、尺はあまり長くなく、プロフムービーに使うならもう1,2曲組み合わせる必要がありますね。

 

「すべりだい」

失恋ソングです。泣けます。

 

「時が暴走する」

めでたい曲ではないです。

 

「ここでキスして。」

失恋ソングという見解もありますが、それほど決定的な「失恋」ではないと思います。

でも、「現代のシド・ヴィシャスに手錠をかけ」たり(恐妻疑惑?)、「違う制服の女子高生を目で追って」いたり(旦那さんに浮気疑惑?)、ちょっとアレな歌詞もあります。

少々束縛感が強く、危なっかしい10代の恋愛って感じです。オトナになって家庭を築きますって感じではないです。

 

「眩暈」

破綻寸前のカップルっぽい歌詞です。やめておきましょう。

 

「リモートコントローラー」

暗雲たちこめる感じです。これも却下。