読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約和モダン婚を目指す花嫁のブログ

結婚式準備中です。 実際にやった節約術や「いいな」と思ったアイデアをまとめます。 自分の備忘録も兼ねてます。 ほかのプレ花嫁さんの参考になれば。

椎名林檎を披露宴で使いたい! その2

椎名林檎・東京事変

この記事は椎名林檎および東京事変ファンの私が、披露宴で林檎ちゃんの歌声を響かせるべく「ウェディングにどうか?」という視点で椎名林檎東京事変の楽曲をレビューしてゆくシリーズです。だいたいリリース順。

需要皆無は承知の上。

ではではいってみましょう。

 

1stアルバム『無罪モラトリアム』から。

 

「正しい街」

元彼と再会してキス、というような歌詞です。未練ソングとでもいいましょうか。使わない方がいいでしょう。

 

「歌舞伎町の女王」

検討する迄もないです。

 

「丸ノ内サディスティック」

ファンクラブの人気曲調査で王者に君臨し続ける神曲。でも「毎晩絶頂に達して」いたり、「グレッチで殴って」と懇願していたりします。ピザ屋の彼女になりたがっている場合ではありません。

まあ雰囲気は洒落ているので、歓談や送賓など、ざわざわしている時に流すならアリかもしれません。

個人的には歌詞が聞き取りにくいEXPO.verが良い気がします。

 

「幸福論(悦楽編)」

エレキギターがぎゃんぎゃん鳴ります。おとなしくシングルverを使いたいと思います。

 

「茜さす 帰路照らされど・・・」

哀愁漂ってます。「また約束も無く今日が海の彼方に沈む」「今の二人には確かなものなど何もない」がちょっと。一生の愛を誓う日ですからね。

 

「シドと白昼夢」

やはり「あなたには殺されてもいいわ」でアウトでしょうか。穏やかな曲調なのに、底流に流れる不穏さが最高な一曲です。結婚式向きではありませんが。

 

「積木遊び」

ちょっと使いどころが想像つきません。

 

「ここでキスして。」

椎名林檎を披露宴で使いたい! その1 - 節約和モダン婚を目指す花嫁のブログ を参照してくださいませ。

 

「同じ夜」

穏やかなギターが心地よいのですが、「君」との別離の歌です。

 

「警告」

騙される歌です。

 

モルヒネ

これも、穏やかなのにダダ漏れる不穏さが素敵な一曲。特にサビですね。