読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約和モダン婚を目指す花嫁のブログ

結婚式準備中です。 実際にやった節約術や「いいな」と思ったアイデアをまとめます。 自分の備忘録も兼ねてます。 ほかのプレ花嫁さんの参考になれば。

椎名林檎を披露宴で使いたい! その3

この記事は椎名林檎および東京事変ファンの私が、披露宴で林檎ちゃんの歌声を響かせるべく「ウェディングにどうか?」という視点で椎名林檎東京事変の楽曲をレビューしてゆくシリーズです。だいたいリリース順といいつつ、順序が狂い始めています。

ではではいってみましょう。

 

「本能」

おそらく多くの方に「椎名林檎といったらコレ!」と記憶されている曲。ナース服でガラスを蹴破るイメージが強すぎると思います。

 

「あおぞら」

かなりアリです。派手さはないので、迎賓、歓談、送賓といったところでしょうか。

 

「輪廻ハイライト」

英詞風ジャズナンバー。開場前の待合スペースとかで流しておきたい雰囲気ですが、うちの会場は流せなさそうです……。

 

「ギブス」

出だしはやや暗いものの、サビの盛り上がりは随一。サビの歌詞も良いです。定番曲で言うと、セリーヌ・ディオン的に使えるかもしれません。使うなら、ケーキ入刀、プロフィールムービー、キャンドルサービスあたりでしょうか。

 

「東京の女」

フラレた女の歌です。

 

∑」

歓談ですかね。英詞なので。

 

罪と罰

もし、披露宴でなにをしてもいいなら、私はこの曲をバックに、ぶった斬ったベンツに乗って入場したことと思います。ウェディングドレスに日本刀。アートでしょ。

 

「君ノ瞳二恋シテル」

超有名曲のカヴァーです。文句なしに使えます。お色直し退場などにいいかもしれません。ただ、「何故林檎にした?」感はあるかも。Boys Town Gangのヴァージョンが有名です。こちらのほうが朗らかであるのは間違いない。MISIA版もある模様。

 

「17」

出だしが「now i'm seventeen」なので、英語が堪能でない人でもばっちり聴き取れそう。基本的に外国語詞は歌詞の意味を気にしない方針なのですが、これは「青春の痛み」という感じなのでどうかしら。

あ、でも花嫁の手紙にはいいかもしれませんね。「my sweet home」とか出てくるので。

 

うちに「アンコンディショナル・ラブ」の音源が存在しないことが発覚しました。

シングル『歌舞伎町の女王』は買っていなかったようですが、『私と放電』は買ったような。どこにいったのやら。