読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約和モダン婚を目指す花嫁のブログ

結婚式準備中です。 実際にやった節約術や「いいな」と思ったアイデアをまとめます。 自分の備忘録も兼ねてます。 ほかのプレ花嫁さんの参考になれば。

椎名林檎を披露宴で使いたい! その11

この記事は椎名林檎および東京事変ファンの私が、披露宴で林檎ちゃんの歌声を響かせるべく「ウェディングにどうか?」という視点で椎名林檎東京事変の楽曲をレビューしてゆくシリーズです。

 

このあたりから、東京事変結成以後になってきます。

 

 「ありあまる富

ドラマのタイアップソングで、「平穏」という言葉が似合います。プロフィールビデオ、テーブルラウンド、エンドロール、送賓に。

 

「SG~Superficial Gossip~」

カッコいいですし、パーティーっぽいですが、感動的ではないし結婚式でもないです。二次会などにはよいかも?

 

カーネーション

朝の連ドラタイアップ。優美かつ厳か、結婚式ソング大本命です。ケーキカット、テーブルラウンド、花嫁の手紙、両親への花束贈呈など、感動的に仕上げたいメイン演出に。

 

「私の愛するひと」

正統派ラテンナンバー。「孤独」「欠落」「偏執」「敗北」とあるので、失恋ソングなのかもしれません。

 

「人生は思い通り」

曲調が良さげなのに、サビで「こんなはずじゃなかったこの人生」「どうかやりなおさせてよこの人生」ときます。絶対に結婚式で使ってはいけない楽曲。

 

「いろはにほへと」

謡曲然とした一曲。林檎の中では無難な作りですが、敢えて使おうという理由も見当たらず。

 

「孤独のあかつき」

ソロではとても珍しい、林檎が作詞をしていない曲。若人へ、という感じの曲です。