読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約和モダン婚を目指す花嫁のブログ

結婚式準備中です。 実際にやった節約術や「いいな」と思ったアイデアをまとめます。 自分の備忘録も兼ねてます。 ほかのプレ花嫁さんの参考になれば。

椎名林檎を披露宴で使いたい! その14

椎名林檎・東京事変

この記事は椎名林檎および東京事変ファンの私が、披露宴で林檎ちゃんの歌声を響かせるべく「ウェディングにどうか?」という視点で椎名林檎東京事変の楽曲をレビューしてゆくシリーズです。

 

今回は提供楽曲のセルフカバーアルバム、『逆輸入~港湾局~』から。

 

「主演の女」

胡乱で、裏通りを感じさせるビッグバンド。

 

「渦中の男」

アレンジが攻めすぎ。

 

「プライベイト」

イントロから既に可愛らしさが溢れた楽曲。これから大人になっていこうというカップル、というような感じでしょうか。

 

「青春の瞬き」

椎名林檎屈指の名曲だと思っています。サビで「時よ止まれ」は良いのかどうか、というのはありますが、花嫁の手紙なんかにいいかなと思っています。ただ、アレンジはもっとシンプルだと良かったかもしれません。栗山千秋の原曲でも良いかもしれないなぁ。

 

「真夏の脱獄者」

英語詞。SMAPへの提供曲ということで、ポップスといったらこういうの、という感じの楽曲です。歓談に。

 

「望遠鏡の外の世界」

ほぼインスト曲。スウィングが心地よいジャズワルツです。村田陽一の安定感のあるアレンジはなにやらNHKめいてさえいる。プロフィールムービーに使ったら、とてもお洒落ですね。エンドロールも良い。お色直し退場、再入場あたりにも良いかもしれませんね。

 

「決定的三分間」

歓談用英語詞楽曲枠に入れておきます。マドンナとか、こういう曲歌ってそうです。

 

カプチーノ

これもプライベイトと経路が似ていて、可愛いです。「女の子」という雰囲気の楽曲に、アレンジ。お色直し新婦退場なんかで使っても良いかも。

 

「雨傘」

これも、歓談用英語詞楽曲枠。エンドロールや送賓でも良いかもしれません。こちらはTOKIOへの提供曲ですが、やはりジャニーズへの楽曲は「これぞポップス!」です。

 

「日和姫」

これもアレンジが攻めていますね。BGMには煩いと思います。

 

「幸先坂」

アコーディオンの音色って、何故こんなに懐かしいのでしょう。ジブリ映画のような趣きです。そんな訳で、生い立ちムービーやエンドロールに使ったら泣けそうです。「締まった」感があるので、送賓にも。真木よう子の原曲はナチュラルな雰囲気です。