読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約和モダン婚を目指す花嫁のブログ

結婚式準備中です。 実際にやった節約術や「いいな」と思ったアイデアをまとめます。 自分の備忘録も兼ねてます。 ほかのプレ花嫁さんの参考になれば。

椎名林檎を披露宴で使いたい! その15

椎名林檎・東京事変

この記事は椎名林檎および東京事変ファンの私が、披露宴で林檎ちゃんの歌声を響かせるべく「ウェディングにどうか?」という視点で椎名林檎東京事変の楽曲をレビューしてゆくシリーズです。

 

「NIPPON」

結婚式ですし、闘う曲でなくて良いかな。「死」「あの世」が忌み言葉

 

「逆さに数えて」

洒落たアコースティックのワルツで、雰囲気はとても良いのですが、「終」「死ぬ」「斃る(くたばる)」が忌み言葉。実際、決死の勝負時を歌った唄らしいので、そぐわないですね。

 

「至上の人生」

曲調はエンドロールという感じです。一番は結婚式にぴったりですが、二番のサビは「結ばれない運命を憂うほど/あまりに簡単で不安で/壊しちゃいそうよ/至上の苦しみ」。勿論、失うことを恐れる程愛しているという歌詞ですが、ここだけ切り取ると相応しくないようにも思えますね。

 

「どん底まで」

「あなたが居ない人生は/わたしの人生なんかじゃない」なんて最高だと思いますが、どうやら実際居なくなってしまったという歌詞なのでしょうか。ノリの良いロックな楽曲です。

 

「長く短い祭」

披露宴が夏ということもあり、再入場あたりに使ってもいいかなーと思っています。「祭」ということで華やかさもありつつ、ディズニーパレード風の空明るさではなく、しっとりした大人の宴といった雰囲気が素敵。和装入場なので、尚更。

 

「神様、仏様」

脱線しますが、昨年のライブでのこの曲のPVを使用したメンバー紹介は最高にカッコよかったです。「林檎が縁で出会った新郎新婦で、披露宴が最早林檎オフ会です」みたいな新郎新婦さんには、これで新郎新婦紹介してほしいです。というか、そんな披露宴に出たい。 

 

長く短い祭/神様、仏様(初回完全限定生産)

長く短い祭/神様、仏様(初回完全限定生産)