読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約和モダン婚を目指す花嫁のブログ

結婚式準備中です。 実際にやった節約術や「いいな」と思ったアイデアをまとめます。 自分の備忘録も兼ねてます。 ほかのプレ花嫁さんの参考になれば。

東京事変を披露宴で使いたい! その1

この記事は椎名林檎および東京事変ファンの私が、披露宴で林檎ちゃんの歌声を響かせるべく「ウェディングにどうか?」という視点で椎名林檎東京事変の楽曲をレビューしてゆくシリーズです。

 

はじまりました、東京事変編。まずは初期シングルから。

 

「群青日和」

歌詞はともかく、晴れやかな雰囲気の曲ですので、使いやすいかもしれません。有名な曲だと思いますので、しれっと使ってもいいかな? 忌み言葉は無いと思います。

 

「その淑女ふしだらにつき」

英語詞なので、あまり歌詞の内容は気にしないとして、明るい曲ですし、歓談で活躍するのではないでしょうか。テーブルラウンドにも良いですね。

 

「顔」

この曲はなんだか物哀しいので、相応しくないかと。

 

「遭難」

禁断の恋の曲って感じです。「出遭ってしまったんだ」

 

「ダイナマイト」

爆発しちゃうくらい、大好き!という曲ですね。使いやすいと思います。歓談やテーブルラウンドに。

 

「心」

東京事変の中でも名曲中の名曲です。歌詞が意味深なので、結婚式にはどうかな。もっと、内的な音楽という気がします。

 

「修羅場」

白無垢でこれ流れたら、本当に恰好良かろうと思うのですが、「新婦は電波系」認定は免れ得ないです。映画『大奥』とのタイアップというのも、結婚式にはあまり良いイメージではないです。

あ、そもそも白無垢、着ないんでした。

 

「恋は幻」

タイトルこそダメっぽいですが、使用には問題ないでしょう。歓談に。

 

「落日」

別れの唄です。噂では、亡くなった愛猫を悼む唄だとか。娘をお嫁に出す時にはこんな気持ちになるのかもしれませんが、「独りきり置いていかれたって/サヨナラを言うのは可笑しいさ」なんて、結婚式では流せませんね。

 

 

群青日和

群青日和