読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約和モダン婚を目指す花嫁のブログ

結婚式準備中です。 実際にやった節約術や「いいな」と思ったアイデアをまとめます。 自分の備忘録も兼ねてます。 ほかのプレ花嫁さんの参考になれば。

東京事変を披露宴で使いたい! その2

椎名林檎・東京事変

この記事は椎名林檎および東京事変ファンの私が、披露宴で林檎ちゃんの歌声を響かせるべく「ウェディングにどうか?」という視点で椎名林檎東京事変の楽曲をレビューしてゆくシリーズです。

 

1stアルバム『教育』から。

 

「林檎の唄」

椎名林檎「りんごのうた」のロックアレンジ。だからお前、林檎じゃないだろと言われそうです。

 

「群青日和」

東京事変を披露宴で使いたい! その1 - 節約和モダン婚を目指す花嫁のブログ をご参照。

 

「入水願い」

あーだめだめ、一番ダメってくらいだめです。「あたしを殺して其れからちゃんと独りで死ねるのか」ですよ。曲としては、好きです。

 

「遭難」

こちらも東京事変を披露宴で使いたい! その1 - 節約和モダン婚を目指す花嫁のブログをご覧あそばせ。

 

「クロール」

歌い出しが「ああそうそんなにしたいの あたしと色々な事を」。会場がざわついてしまいます。

 

「現実に於て」

一分ちょっとのピアノ曲。次の「現実を嗤う」に繋げる作りです。

 

「現実を嗤う」

オープニングムービーを流す場合など、良いかもしれません。カウントダウンをしながら、写真を見せたりとか。スタイリッシュに仕上がりそう。

 

「サービス」

エフェクトがっつり系。

 

「駅前」

サビ前までが暗いです。使いどころが思いつかないですね。

 

「御祭騒ぎ」

サンバみたいなノリの曲です。「長く短い祭」といい、椎名林檎にとって「祭=ラテン」なのでしょうか。あぁ、神輿で担がれて登場したい。

 

母国情緒」

可愛らしい雰囲気の曲なので、新婦お色直し退場などに使っても良いかも。

 

「夢のあと」

バンドアレンジの「夢のあと」。こちらが先です。やっぱり歌詞がネガティブで、使いづらいです。曲はとても感動的なのですが。

 

 

教育

教育