読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約和モダン婚を目指す花嫁のブログ

結婚式準備中です。 実際にやった節約術や「いいな」と思ったアイデアをまとめます。 自分の備忘録も兼ねてます。 ほかのプレ花嫁さんの参考になれば。

東京事変を披露宴で使いたい! その3

この記事は椎名林檎および東京事変ファンの私が、披露宴で林檎ちゃんの歌声を響かせるべく「ウェディングにどうか?」という視点で椎名林檎東京事変の楽曲をレビューしてゆくシリーズです。

 

今回は2ndアルバム『大人』から。

 

 「秘密」

アルバムの一曲目を飾るに相応しく、まさにアダルトな曲。婀娜っぽい林檎のヴォーカルにドキドキしてしまいます。結婚式には不向き。

 

「喧嘩上等」

バトル勃発!という雰囲気の曲です。

 

「化粧直し」

失恋ソングです。「貴方が去った」「別れ」「孤独」「失った」「朽ち痛んで」「何度もさようならを言い過ぎて」「どうか帰って」「ひとり」。どこをとってもダメそうですね。

 

「スーパースター」

イチローをイメージした曲という噂があります。手が届かない、雲の上の人を歌っているような歌詞です。

 

「修羅場」

シングルver.とはアレンジ違いです。不穏さが素晴らしいですが、結婚式にはちょっと、ね。

 

「雪国」

男に逃げられる曲? 曲調も暗いです。

 

「歌舞伎」

新メンバー紹介を兼ねたような楽曲です。英語詞ですが、BGMには凝りすぎ。

 

「ブラックアウト」

一夜の戯れらしい曲。

 

黄昏泣き

曲調は穏やかで、歌詞も「最初からあなたには/わたししか居ない」「最期までわたしにはあなたしか居ない」と、全体的によさそうなのですが、最後の最後に「身も心も宿ったその生命へ/注がんと」と唄うので、出来婚ソングっぽいな、と思ってしまいます。出来婚だったらぴったりなので、「お二人の間には、新しい生命が~」の発表の時に流したいくらいですけれど。

 

「透明人間」

歌詞がやや青臭いかなぁと気になるのですが、曲は安定の亀田師匠だけあって、結婚式でも全く問題ないと思います。まぁ、東京事変の中では有名な曲なので、「好きな曲だから」ということで流す分には問題ないでしょう。

 

「手紙」

これも出来婚ソング感があります。「大人になった私達には今直ぐ答えが欲しいよね。途中で迷っている間にも、生命が芽生える。」のところですね。全体的には、遠くから見守っているよ、という歌詞に思われます。

 

 

大人(アダルト) (初回限定盤)(DVD付)

大人(アダルト) (初回限定盤)(DVD付)