読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約和モダン婚を目指す花嫁のブログ

結婚式準備中です。 実際にやった節約術や「いいな」と思ったアイデアをまとめます。 自分の備忘録も兼ねてます。 ほかのプレ花嫁さんの参考になれば。

東京事変を披露宴で使いたい! その7

椎名林檎・東京事変

この記事は椎名林檎および東京事変ファンの私が、披露宴で林檎ちゃんの歌声を響かせるべく「ウェディングにどうか?」という視点で椎名林檎東京事変の楽曲をレビューしてゆくシリーズです。

 

今回は東京事変最後のオリジナルフルアルバム『大発見』から。

 

「天国へようこそ For The Disc」

おどろおどろしい雰囲気です。荘厳と取れないことも……いや無理があるかな。

 

「絶対値対相対値」

良い具合に破廉恥で結婚式には不謹慎な一曲。

 

「新しい文明開化」

乾杯に使ったら盛り上がりそうですが、乾杯発声が親戚のおじさんだと考えると、ちょっと違うかなぁと。歓談用でしょうかね。

 

「電気のない都市」

震災ソングです。「この世の果て取残されて」「もう二度と会えないかもしれない」あたりが相応しくないかなと。

 

「海底に巣くう男」

パーティーっぽいですが、結婚式っぽくはないです。

 

禁じられた遊び

禁断の恋らしき曲。

 

ドーパミント BPM103」

アレンジ違いでBPM120もありますが(配信専用?だったかと)、どちらにしろ歌詞がエロいです。

 

「恐るべき大人達」

ちょっと暗いかな、とも思いますが、歓談ならこのくらいは許容範囲。

 

「21世紀宇宙の子」

歌詞がSFみたいな雰囲気です。「さよならを云おう!」はダメかも? もっとストレートな歌詞の方が良いでしょう。

 

「かつては男と女」

再会して恋が再燃ソング。

 

空が鳴っている

緊迫感が堪らなく、「幸せってなんだろう」と考えてしまう様な歌詞。いまいち幸せそうではない。

 

「風に肖って行け」

これも結婚式らしさはない曲です。

 

「女の子は誰でも」

椎名林檎あややこと松浦亜弥をイメージして作ったという曲。プリティで明るい曲です。女子側にフォーカスした曲なので、お色直し新婦退場あたりでしょうか。

 

「天国へようこそ For The Tube」

ボーナストラックで、一曲目の英語詞版。輪をかけて暗いです。

 

 

大発見

大発見