読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約和モダン婚を目指す花嫁のブログ

結婚式準備中です。 実際にやった節約術や「いいな」と思ったアイデアをまとめます。 自分の備忘録も兼ねてます。 ほかのプレ花嫁さんの参考になれば。

東京事変を披露宴で使いたい! その8

この記事は椎名林檎および東京事変ファンの私が、披露宴で林檎ちゃんの歌声を響かせるべく「ウェディングにどうか?」という視点で椎名林檎東京事変の楽曲をレビューしてゆくシリーズです。

 

今回は『color bars』と『深夜枠』から。

 

『color bars』は全5曲のミニアルバムで、メンバー全員が1曲ずつ作詞作曲をしています。

 

「今夜はから騒ぎ」

椎名林檎作詞作曲。裏社会っぽさのある歌詞。

 

「怪ホラーダスト」

伊澤一葉の作詞作曲、歌唱。V系風などと噂もされたが、どうなのか。

 

「タイムカプセル」

亀田誠治作詞作曲。私の中では、「スーパースター」「私生活」「タイムカプセル」は亀田三部作として憧れの人を追いかける楽曲群です、そう言う訳で、「貴方」を追い続ける唄。

 

「sa_i_ta」

浮雲作詞作曲。とても洒落ていて、カッコいい。たぶんペトロールズ浮雲のバンド)ではやらないような楽曲なので、まあ貴重。結婚式で使うかと言われると微妙。オシャレなレストランバーで二次会! とかなら使ったかも。

 

「ほんとのところ」

とにかくいろんな動物が死にます。BGMとか、そういうんじゃないんだ。

 

『深夜枠』は基本B面集なので、これまでレビューしていない2曲についてのみ。

 

「ハンサム過ぎて」

盛り上げる英語詞。「Let's go dancing Saturday night」で終わるのが良いですね。結婚式、土曜日に挙げるので。来賓入場、エンドロール、送賓に。

 

「ただならぬ関係」

明るく爽やかで、でも、別れの唄かな? 東京事変メンバーが「別々の道を歩き始めたけれど、繋がっている」という意味で「ただならぬ関係」なのだと思って聴いています。

 

 

深夜枠

深夜枠